冬の基礎工事


春のお引渡しを予定している札幌の現場では、基礎工事が進行中です。
e0123419_15411383.jpg


お客様にとって、春のお引渡しの利点は、
すぐに外構やお庭の整備がはじめられることや、
薪の準備がゆっくりできることでしょうか。
薪の乾燥には充分な時間が必要です。

冬の基礎工事は、夏のものとは少し異なり、
コンクリートを打つ時に氷点下にならないように、
基礎全体を大きく囲んでジェットヒーターで暖めながら
工事を進めていきます。

外気温が-10℃以下になってもテントの中は
土が軟らかくなるほど暖かく、中で仕事をしていると
少し汗が出るほど。。

北広島の加工場では、
ログ建て方の準備が順調に進んでいます。
まもなく、現地乗り込みです。
by Logger21 | 2010-02-10 15:38 | 札幌月寒のP&B2010 | Trackback
トラックバックURL : http://loghouse21.exblog.jp/tb/12124948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< チェンソーもメンテナンス 薪ストーブ料理 >>