釣り紀行ライター奥本昌夫さんの話をきいて

先日、アウトドア衣料品のpatagonia札幌北店で開かれた
釣り紀行ライター、奥本昌夫さんのトークショーへ行ってきました。

ほぼ同年代で、しかも釣りを始めた時期は一緒くらいじゃないかと思います。

奥本さんはフライフィッシング専門で、
「北海道の鱒釣り」など釣行を本にしたり、雑誌に掲載するなどしています。

道内の川のほか、
ニュージーランドやコロラド、アラスカなど海外の大自然をガイドなしで、
ひとりで地図片手にテントを持って歩いて川に辿り着き、
ベースキャンプをはり、釣るスタイルです。

アラスカでは、熊の足跡だらけの川辺でテントを張って・・・
何事もなく一夜は過ぎるのですが、つわものぶりに驚きました。

スライドの釣行写真を見ながら興味を持ったのは、
好きなことを続けて仕事にしていることです。


私も北海道に来てからずっと、フライにのめりこんでいて、
ニュージーランドのフィッシングガイドの持つ、
湖畔のログコテージでの一週間が強烈に楽しくて、
ログハウスに住みながら釣り三昧の暮らしがしたい!と
本気で思っていました。

当時好きなことは、釣りとログハウスでしたが、
釣りを仕事にするイメージは全く持っていなかったです。
一生のうち仕事にかける時間は長いから、
ログビルダーになりたいと思ったことが今に至っています。

未だ釣り三昧の日々はおくっていないけれど、
昔に思っていた夢を思い出すお話しでした。






by Logger21 | 2015-05-22 12:47 | 代表の想い | Trackback
トラックバックURL : http://loghouse21.exblog.jp/tb/23147401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ログ21近況(2015.6月上... ログ21近況(5月中旬)新緑と... >>