カテゴリ:ログ21近況( 98 )

ログ21近況(2015年9月中旬)

9月中旬、ログハウス協会のイベントで長野県へ行ってきました。
e0123419_18570442.jpg
目玉のイベントは12名のチェンソーカーバーによるカービングショー。
夢丸などで有名な栗田宏武さんとも初めてお会いしました。
3年連続世界チャンピオンの実演は圧巻の一言。代表作のひとつ、「アメリカンイーグル」。
e0123419_18572023.jpg

ログハウス協会主催イベント「ログハウスサミット」では、
全国のログビルダーが一堂に会し、
これからのログハウスについて大いに語り合いました。

別のイベントでは、地震に強いログハウスについてのパネルディスカッション。
東日本大震災による地震と津波でも、家財が流されることなく
少しの被害で済んだ丸太組構法の強さと、
修理、改修の容易さについてのリポートがありました。
e0123419_18580457.jpg
同じログハウスに携わる人たちとの交流は、
自分にとって刺激になると同時に励みにもなります。
今回はログハウス協会の理事として、手伝いで参加しましたが、
これからのログ業界のためにも、
微力ながら役割を果たすことが出来ればと思っています。





by Logger21 | 2015-09-20 21:13 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年8月上旬~下旬)ログメンテ

8月前半は、
2011年2月にお引き渡しのマシンカットの塗装メンテです。

札幌近郊では暑い日が続きましたが、
丘の上のログハウスでは職人曰く「過ごしやすかった」そうです。
美しくお色直しです。
e0123419_23130954.jpg
毎日見慣れていると、わかりにくくなるのですが、
塗装後には、「新築にもどったね。」とご夫婦におしゃって頂きました。


8月後半は
2003年お引き渡しのポスト&ビームの塗装メンテとポーチと階段の改修です。
e0123419_23135053.jpg
e0123419_23135798.jpg
豪雪地に建っていて、冬は雪をかぶってしまうこともあり、
12年経って傷みました。

ポーチはコンクリートにタイルだとメンテが少ないのでは?
とご質問をいただくこともありますが、タイルが割れたり剥がれたり・・・
一緒にコンクリートも欠けたり・・・
やはり補修が必要になることが多いようです。


こちらは築20年以上のゴルフ場のログメンテです。
e0123419_23140425.jpg
土台ログの入れ替えです。
当時はよく見られたのですが、傷みやすいという理由で、
現在の新築では、土台にログを使っているところはほとんどないはずです。







by Logger21 | 2015-08-31 20:00 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年7月下旬)

ポスト&ビーム新築後に行う最初の塗装メンテナンスです。
丸太や木材の乾燥が終わる頃に行う最初の塗装は、
塗料の木材への浸透付着も良好で、ムラも少なく仕上がります。
もちろん、丁寧な下地サンディング処理は必要です。
e0123419_14343618.jpg
今年は塗装メンテナンスの依頼が多く、
秋までの間、他工事の合間を縫って塗装工事をいくつか予定しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらは別のお宅の庭に建築している物置兼作業小屋。
床面積が10㎡を超えるので確認申請が必要です。
境界線にも近いので、壁を防火構造にしています。

小さいながら、住宅並みのスペック。
コンクリートの土間と個室もあってキャンプ道具、
バイクなどのメンテナンスをしたり、釣りの準備をするための小屋です。
家の中にこういったものを置くスペースは中々作れません。
e0123419_18194639.jpg
趣味専用の小屋は、あこがれの建築でもあります。






by Logger21 | 2015-07-30 19:19 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年6月下旬)P&Bログ建込

曇り空、気温20度ちょっと。涼しい風が吹く絶好の条件の中、
P&Bログの建込みです。
今回は建坪30坪の総2階建ての住宅です。ログ本数も58本あり、
加工に1か月を要しました。
e0123419_11261929.jpg
ログ建込みは、家の形が初めて現れるので、本格的な工事スタートという区切りの工程でもあります。慣れた手順で段取りを進め作業を始めますが、危険を伴う作業でもあるので、緊張感も漂います。

柱の1本たりとて人力で建てることはできない重さです。
全てクレーンでの組立になるので、2日掛かりの作業です。
e0123419_11264512.jpg
丸太の骨組みは構造的な強さを感じますね。家に安定感が出ます。この構造的な強さを見せるようにつくるのがログハウスの特徴であり、魅力のひとつだと思っています。

e0123419_11271408.jpg
和室の吹抜けにかかる自然丸太の曲がり梁。北海道の杉をつかっていますが木目が美しいです。

この丸太の建込は地方のログメーカーさんからのご依頼です。

ごくまれですがこのようなお仕事を頂くことがあります。




by Logger21 | 2015-06-27 16:17 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年6月中旬)続:ログリフォーム

6月に入ってからは、
小樽のマシンカットの断熱改修と配管全取替え、
水回り機器のフルリフォーム工事中です。
わたしもほぼ毎日現場へ通いました。

暮らしながらのリフォーム現場では、
お客様の負担を少なくするためにできるだけ
工事期間を短くできるように考えますので、
毎日劇的に状況が変化します。
昨日まで使っていたキッチンやお風呂がなくなって、
床や壁を作り直して、ログも一部カットしたり下地をつくっていく。
新築工事のように、
キッチンもやりながら、リビングもちょっとやるではなく、
その場所を黙々とつくり上げていきます。

先週末にほとんどの工事が終わり、
キッチンもできました。
e0123419_12055608.jpg

毎日ごはんをつくってくれるおばあちゃんのために、
もっと使いやすいキッチンにしてあげたいという
お客様からのご依頼です。
対面式L型キッチンから、I型へレイアウトを変更しましたので、
既存配管などの跡がついた床や壁の一部を張り替え、床下収納もつけました。

窓も新設です。
e0123419_12054804.jpg
キッチンに立っているときに、
お天気や外の様子が感じられることは大事なことじゃないかと思います。

ログハウスの場合は、
窓は後からでも意外に簡単に付けやすい構造になっていることも、
特徴です。








by Logger21 | 2015-06-21 13:39 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015.6月上旬)ログ加工とリフォーム

6月に入って肌寒い日が続きますね。

最近は毎日過ぎるのが早く感じます。

今週からマシンカットログハウスのリフォーム工事がはじまっています。
床の断熱改修と水回りのリフォームですが、
建築した会社が今はもう営業されていないということでのご依頼です。

写真は床の断熱改修前のもの。
e0123419_19332685.jpg
断熱材をネットで押さえているのですが、
室内側に気密処理が施されていなかったので、
室内と床下が空気で伝わりやすくなっていました。
お客様が「冬になると床から隙間風が・・・」と仰っていたのが頷けます。

点検をしてみると、
断熱材が黒く汚れていたので、空気が動いていたのが想像できます。
断熱を全て入れ替えて強化し、防風&気密処置をしました。

明日からは水回りの設備機器を全て入れ替える工事が始まります。
床の張り替えもあり、気が張る日が続きます。

北広島の加工場では引き続き、P&Bログ加工中です。
e0123419_12075728.jpg




by Logger21 | 2015-06-05 12:37 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(5月中旬)新緑とログ加工

先週、喜茂別への行き帰りでは定山渓から中山峠は春紅葉が真っ盛りでした。


e0123419_15411375.jpg

モデル住宅では、いつもの年より早く、サラサどうだんが満開。
e0123419_15411376.jpg

さて、加工場は新緑の中、

ログ加工スタートです。
e0123419_15411403.jpg

お天気がよくビルダーも活き活きしてます。






by Logger21 | 2015-05-18 15:50 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年5月上旬)リフォーム工事中

口に出して話していると実現する、と聞いたことがあるけれど、
昨年頃からリフォームをやりたいと言っていたら、今年に実現しました。

なぜ、リフォームをやりたいかと言うと、
例えば、子どもたちは新築時はまだ幼稚園にも行かないくらいの年齢で、
子ども部屋は仕切らなかったけれど、
もともと後で壁をつくるように設計した住宅は多くありますし、
家族が進学や就職、ご両親と同居するなど環境の変化は
人生において起こることで、間取りや水回りをリフォームすることで,
快適になると思うので、それに対応したいと思っていたのです。

今回の工事はウチで建てたログではないのですが、
そういった内容ではなく、断熱気密改修と外壁の塗装です。

築20年位で、ログメーカーではなく、おそらく、
ログハウスの経験がない大工が建てたのだと思います。
セトリング対策や建具周りの防水気密処理がされていません。
ログハウスには、ログハウスならではのちょっとした工夫やひと手間が必要で、
一般住宅で経験のある大工さんでもログの経験がなく建ててしまうと、
せっかくのログが生かされません。

他にも、より快適で長く住めるようにと断熱改修も行いました。
なかなかの工事量でしたがやっと外壁メンテにかかれそうなので、
あともう少しです。

この後もう1件、水回り改修リフォームがあり、
アフターが楽しみです。




by Logger21 | 2015-05-02 18:09 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年4月下旬)

今年は春が早いようですね。
e0123419_12144569.jpg
風が強いログ21敷地内の桜も去年より早く蕾をつけています。

加工場ではポスト&ビーム用の丸太が入って、

これから外での作業になるので、このままいいお天気が続いてほしいです。






by Logger21 | 2015-04-28 12:18 | ログ21近況 | Trackback

ログ21近況(2015年4月中旬)と版画と宮沢賢治

今日はどしゃぶり雨でした。

ログ21では、マシンカットログハウスのリフォーム工事が進んでいて、
外壁メンテナンス、断熱改修などもあり、少し大きな工事です。
この先もリフォーム工事を予定しているのですが、
どちらも築20年ほどのログハウスです。

家も設備も古くなります。
家族の環境が変わることもあります。
これまで新築がほとんどでしたが、
家を建てる仕事をしていれば、リフォーム工事にも意味があって、
良くなっていくのを見るのはお客様はもちろんのこと私たちもうれしいです。


先日、新聞に暖房メーカーの広告があって、
おっ、と思ったのは、この画。
e0123419_22232380.jpg
小説家、谷村志穂さんの文に挿絵に、
版画作家の「佐藤国男」さんの画です。

宮澤賢治さんのストーリー「セロ弾きのゴーシュ」「銀河鉄道の夜」などをモチーフに
多くの版画を手掛けています。

数年前に道南のギャラリーで見てからずっと、いつかは欲しいと思っていて、
昨年、函館にある佐藤さんの工房に行って、たくさんの作品の中から選ばせてくださいました。

事務所には「アメニモマケズ」、自宅にはセロ弾きのゴーシュ「午睡」を壁にかけています。
「午睡」は、ログハウスのような小屋があったことと、
ほのぼのした雰囲気が気に入っています。

新聞で思いがけず目にして、

この画のかもしだす雰囲気にあったかい気持ちになりました。


こちらからはもう少しきれいな画が見られます。谷村志穂「イーハトーブ」






by Logger21 | 2015-04-15 20:18 | ログ21近況 | Trackback