<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かわいいヤツ

会長の愛犬、『ジャッキー』。
普段は余市に居るんだけど今日はこちら北広島の本社に。
もう15歳くらいになるらしく、人間でいえばおばあちゃん。
事務所に来ても寝てばっか。
e0123419_2012186.jpg

でも知らない人が来ると吠えるので、
一応、番犬の役割は果たしてくれます。
(でもウチの場合、知らない人っていったらお客さんなんですけどね^^;)

普段は私が声をかけても知らんぷりするか、
寝ながら顔だけこっち向けるだけなのですが、
ごはんを食べる時だけは
わたしの言うことをきいてくれるのです。
e0123419_206313.jpg

こんなポーズをしながら、
「はやくゴハンくれ」的な表情で愛想を振りまく
カワイイおばあちゃんになるのです。

これはさすがにちょっと癒されます。
by Logger21 | 2008-02-28 20:16 | ログ21近況 | Trackback

建築後日記

住み始めてから2ヶ月が経った。

暖房の設定温度は18~20度。
当然、室内気温もそれくらいに落ち着いている。
寒くもなく暑くもなく快適で、
人にもログにもちょうどいい気温だ。
最初ほどではないけど、
丸太の割れる音もピキピキと鳴り響いている。
e0123419_1812109.jpg

これは2Fの一番目立つところに建っている柱の割れ目なんだけど、
ここだけ少し古い丸太を使ったので、最初から全体に干割れが起きている。
なのでこれ以上割れは広がらないと見ているが、さてどうなるか?

それと、角に落とした米松丸太を使ったために、
割りとヤニが多く出ている。
今のうちならシンナーで拭き取ればキレイにとれるけど、
出切っていないとまたすぐに出てきちゃう。
これもいつまで出るのか、拭き取りながら
実際の時期を調べよう。

こうやってログは、
1~2年のうちに、色いろな動きを見せてくれるだろう。
新しい発見や、新たなアイデアが出てくるかもしれない。
自宅であるのをいいことに、私は、
ちょっとした実験気分で毎日の様子を見ているのだ。
by Logger21 | 2008-02-25 18:49 | 無垢材・丸太・自然素材 | Trackback

悪いのは車?

先日、白老でやっていた工事の帰り道でのこと。
帰ってくるなり「鹿にぶつかった~」と職人。
道東ならまだしも、白老で??
幸い、スピードもあまり出していなかったらしく、
ぶつかった鹿も少しヨロめいてすぐ逃げ去ったとのこと。
人間界ではありえない「ひかれ逃げ」。
しかし逃げ足だけは速かったみたいだ(笑)。
お互い大事に至らなくて良かったんだけど、
(たぶん鹿は青アザができたくらい)
車は少しダメージを受けたようだ。
e0123419_14351965.jpg

あぁ、修理代が。。
実際に見る鹿は大きく、ぶつかる衝撃も大きいので、
鹿とぶつかり死亡事故(どっちか)、というニュースを
道東方面ではたまに聞く。今回は白老で走ってたので
鹿が出てくるなんて思いもよらなかったようだ。
いきなり飛び出してくるから車にとっては、
流れ弾に当たったようなもの。
でもそれは鹿にとっても同じこと。

横断歩道のないところで渡る鹿の方が悪いように思えるが、
自然界のルールによると人間に非がありそうだ。
ここはやはり人間の方が気を付けるシカないのか?
by Logger21 | 2008-02-24 15:23 | ログ21近況 | Trackback

天窓のススメ

余市ハンドカット。
屋根がマンサード型になっているので、
2Fの空間を広く使うことができる。

天窓もこの位置につけると
壁付け窓のように使えるのだ。
e0123419_1345412.jpg

しかし天窓をつけると明るい。
特にログハウスの2Fは、妻壁側にしか
窓がつけられないことが多いので
天窓をつけて採光の調整をするのだ。
さらに天窓は、壁付け窓よりも室内を明るくするので、
吹抜けの天井に付けると、サンルームのような空間ができたりする。
天窓はログハウスに欠かせないアイテムだと思うのである。

注意事項として、
天窓で光を取り入れるために南側につけることがあるが、
その場合、夏場の暑さは多少覚悟しなくてはならない。
専用のブラインドやシェードなどをつけることができるので
明るすぎるのが気になったり、暑さを防ぐために
つけておいたほうがいいと思う。
だから天窓は、直射日光を避けて北側の屋根につけることが
多いのである。
by Logger21 | 2008-02-23 14:22 | 工法 | Trackback

自然素材の良さ

北海道近代美術館で行われている建築家展に行ってきました。

北海道の住宅や公共建築など幅広いジャンルの作品が
写真や模型、フィルムなどで展示されています。

作品の中にログハウスはありませんでしたが、
思わず立ち止まって見入ってしまう作品が多く、
じっくりと会場内をみてまわりました。

今後の自分の仕事にも役に立ちそうな
プラスの力をもらったような気がします。
建築家展は明日まで。
e0123419_1021334.jpg

今回のお目当ては藤森照信先生の講演会
『自然素材を生かした藤森流建築の作り方』。
アッという間の2時間でしたが、
すごく楽しく、おもしろいお話でした。

お話の中で、
「自然素材の良いところのひとつに、
古くなったり傷ついたりしてもそれが気にならないというか、
かえって古くなるほど味が出てきたりする、
そういうのが良いと思うし、私は好きなんです。
新建材やプラスチックのような素材は、少しでも
傷ついていたり、汚れたりするとすごく気になる。
扱いやすいとか狂いが少ないというのは
非常に優れものでしかも安価で手に入るので、
とても便利なんですが、私は好きになれません。」
というようなことを仰っていて、
私はそれに大きくうなずきながら聴いていました。

ログハウスにしても同じようなことが言えるよなぁ、って思う。
古くなっていくことを受け入れて認め、
それを良いと思える感性を持ち続けていたいと思いました。

また藤森先生は、
直線であるとか、ピタぁーっと揃っているのが
お嫌いだそうで、他と違うとか、デコボコとか不揃いが大好きだとのこと。

手がけた作品をスライドで紹介して頂きましたが、
建築中の経緯やコンセプトも含めて、
どこかコミカルでププッと吹き出しそうな作品が多く、
面白オカシくもあり、勇気と元気をもらった講演会でもありました。
by Logger21 | 2008-02-09 10:47 | 無垢材・丸太・自然素材 | Trackback

自然の猛威と人間のたくましさ

2000年に噴火した有珠山の噴火口近く。
e0123419_14562580.jpg

山火事のようにも見えるこの煙は水蒸気だ。
地表温度が100度を超えるため、
草木も立ち枯れている。
e0123419_14582071.jpg

この煙の奥には、当時の噴火で
ぐちゃぐちゃになった菓子工場が
そのままの状態で置かれている。
噴火口の観光散策ルートになっているのだ。

美しいばかりではない自然の恐ろしさを感じるとともに、
そこで生きるひとたちの商魂たくましい姿に
感動を覚えました。

今年は近くの洞爺湖でサミットが開かれますが、
たくさんの人で賑わうことでしょう。
by Logger21 | 2008-02-05 15:18 | Logger紀行 | Trackback