ハンドカットの醍醐味

ハンドカットの魅力はやはり丸太そのままの壁。
1本1本は同じでなく、その凹凸や模様が不均一なのは
言うまでもないことだ。とにかく見ていて飽きない。

いま余市で工事しているハンドカットは
実は6年ほど前に組上げたもの。
屋根をかけた状態でずっと自然乾燥をさせていたので
非常に良好な状態で乾燥している。
内部のログを削ったところだが、
これから自然塗料を塗る予定だ。
e0123419_19133863.jpg

こうして何年経っても手を加えることができるのが
丸太のおもしろいところでもある。
e0123419_19173539.jpg

ハンドカットはゴツゴツしてて圧迫感がある、という見方もありますが、
私は逆にそのゴツゴツがおもしろいと思うし、
一本一本の丸太の模様や木肌が持つ素材感が、
たまらなく心地よいと感じてしまうのです。
by Logger21 | 2008-01-31 19:55 | 工法 | Trackback
トラックバックURL : https://loghouse21.exblog.jp/tb/7167312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 自然の猛威と人間のたくましさ 豊浦町ハンドカット >>