道産ハンドカット

7月から道南杉を使ったハンドカットの加工が始まります。
杉はテーパー(元口と末口の径の差)がキツイといわれますが、
今回の杉はそうでもなく、ハンドカットを組むのには文句のつけようがないほど
良い丸太が入ってきました。
e0123419_18292037.jpg

e0123419_18293976.jpg

思わずほお擦りしたくなるような原木たちですが、
汚れそうなので手で感触を確認。

ダグラス(米松)と違うのは木目の優しさ。
そして辺材と芯材の違いがハッキリしていること。
心材まで削ったところが和風な感じに見えるかもしれませんね。
加工風景は随時アップしていきます。

というわけで、
7月~8月は北広島加工ヤードでハンドカットの組上げを見学することができます。
ハンドカットの迫力を間近で体感したいという方は、ぜひこの機会にお越し下さいませ。
by Logger21 | 2008-06-27 19:21 | 中札内ハンドカット2008 | Trackback
トラックバックURL : https://loghouse21.exblog.jp/tb/8205598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マシンカットの窓計画 こだわりのWRC >>