カテゴリ:木の家2009余市( 5 )

続・玄関ポーチ塗装

先月工事していた玄関ポーチは、
お客さまご自身で塗装されました。
続・玄関ポーチ塗装_e0123419_14412510.jpg
道路側の外部塗装が終わりましたよ、
と、写真とともにご報告のメールを頂きました。







by Logger21 | 2019-12-15 14:54 | 木の家2009余市 | Comments(0)

ポーチ階段 屋根風除

ポーチ階段に屋根と、
風除けの壁を設ける工事がほぼ完成です。
ポーチ階段 屋根風除_e0123419_17170010.jpg
豪雪地などでもよく見られる外階段の屋根。
積雪期の階段の除雪は地味に手間がかかります。
階段が長いと特に、
キチンと雪を除けないと凍って滑って危ないし。
ポーチ階段 屋根風除_e0123419_17170052.jpg
暗くならないよう、
少し大きめの窓も付けました。

これで、今年の冬は少し楽になるかな?






by Logger21 | 2019-11-30 17:19 | 木の家2009余市 | Comments(0)

自然の中の現場

着工したのはまだ雪深い頃の3月で、
周辺の木々は葉一枚も付けていませんでしたが、
この3ヶ月で周りの風景はガラリと変わりました。
自然の中の現場_e0123419_22185428.jpg

周りの木々は人工的に植えられたものではなく
もともとそこに自生していたもの。

それらをできるだけ伐採しないで家を建てて欲しい、
というのが建主様のご希望でした。
かなり家に近い場所にも木が立っています。
少し離れて家を見ると、本当に周りの風景に溶け込んでいる。
「木の家」だからこそ、ですね。

「山小屋」住宅は、今月中に完成する予定です。
見学ご希望の方は、気軽にお問い合わせくださいませ。

ログハウス21 HP
by Logger21 | 2009-06-03 22:59 | 木の家2009余市 | Comments(0)

建築ロケーション

現在建築中の家は余市町の海に近いところに建っています。
建築ロケーション_e0123419_13383164.jpg

山の傾斜を活かし、日当たりと眺めを重視した配置にこだわりました。
南斜面の2階に立つとこんな風景が広がります。
建築ロケーション_e0123419_1344282.jpg

傾斜地では、土の掘削量やコンクリートの量が多くなるので、
平坦地よりも基礎工事の費用があがります。

ですが、傾斜地の坪単価は相場よりも安いことが多いのです。

その差額を基礎代に回して、
傾斜を利用した地下室の設置やビルトインガレージなどを造れば、
基礎部分を有効活用することができます。

平坦地で家を建てる予算とトータルして同じくらいなら、
傾斜地を選択して家づくりに予算をかけたほうが、
結果的に満足度が上がる場合もあるのです。


小高い山の中腹に建つこの『山小屋風住宅』は、
晴天が続くなか、順調に工事が進んでいます。
工事中の現場見学はいつでも可能です。
現地の詳しい情報をお知らせしますので、
気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで 
メール info@loghouse21.co.jp
お電話 011-375-4651

Log House 21 HP
by Logger21 | 2009-04-11 14:15 | 木の家2009余市 | Comments(0)

現場はじまります

現場はじまります_e0123419_15122863.jpg

三月に入り、気温はまだ低いものの、

陽射しは春の入口であることを感じます。

雪解けの季節を迎え、

山海の眺望がよい高台の物件が着工しました。 


お客さまが「こだわる」木の家のイメージは、

『山小屋風』



その山小屋風新居では、

ターシャテューダーさんのような、

まわりの自然に溶け込むお庭造りを楽しまれるそうです。


私たちは

お客さまのご意向に沿い、

期待以上のものをつくるように、

職人ともども気を引き締めてまいります。


Log House 21 HP
by Logger21 | 2009-03-03 15:13 | 木の家2009余市 | Comments(0)