マシンカットログハウス完成

鶴居村で建築中だったログハウスが完成しました
e0123419_13450489.jpg
e0123419_13450380.jpg
e0123419_13450387.jpg
間仕切りログの断面がカッコいいですね。
e0123419_13591485.jpg
大工がつくったテーブルとベンチ材料は北広島の楡です。
e0123419_13450476.jpg
マスターキーを差し込んで、お引渡しとなり、
e0123419_19241057.jpg
ログハウスの暮らしが始まりました。






# by Logger21 | 2018-04-07 01:13 | マシンカット2018鶴居

ポスト&ビーム 埋め戻し

e0123419_13552823.jpg
e0123419_13552840.jpg
ポスト&ビームの現場でも基礎埋め戻しが進んでいます。
中央のスラブは薪ストーブが置かれる場所なので
補強の基礎が入っています。

# by Logger21 | 2018-03-29 21:24 | ポスト&ビーム2018厚別

埋め戻し

e0123419_12310100.jpg
e0123419_12310183.jpg
基礎の型枠を外したあとは、
設備や暖房の配管をして、
埋め戻し・・・という、掘ったところを土で埋める作業を行います。





# by Logger21 | 2018-03-28 13:39 | マシンカット2018小樽

工事終盤

鶴居村のマシンカット住宅では、
床など塗装、美装、網戸、カーテン取り付け、
水はり試験やボイラーの試験運転などなど
室内の仕上げ工事が進められています。
もう間もなく完成です。
e0123419_13325937.jpg

# by Logger21 | 2018-03-27 13:34 | マシンカット2018鶴居

やり方・杭工事

ポスト&ビーム住宅の現場では除排雪を行い、
建物の配置と高さを決める作業「やり方」をしました。
e0123419_18543365.jpg
決めた建物高さに従い、
基礎下に杭を打ち込んでいきます。
e0123419_18544010.jpg
以前に家が建っていた場所でも、
そこに新築する場合は、地盤調査をしたうえで、
地耐力を確保するために杭工事をすることがあります。








# by Logger21 | 2018-03-17 15:04 | ポスト&ビーム2018厚別

ログ加工

加工場ではP&B住宅の丸太加工が進んでいます。
e0123419_15422356.jpg
屋根付き加工場と屋外と、
長さで分けて加工しています。
e0123419_16351493.jpg






# by Logger21 | 2018-03-12 21:09 | ポスト&ビーム2018厚別

根掘り

マシンカット住宅の基礎工事。
根掘りが始まりました。
e0123419_15421628.jpg
基礎は今月中に完成予定です。






# by Logger21 | 2018-03-09 15:53 | マシンカット2018小樽

仕上工事

仕上工事が進んでいます。
窓やドア周りに飾りを付けるのもログハウスならでは。
e0123419_18545451.jpg
塗装も終わり、外部も窓飾りを付けて
間もなく足場の解体です。
e0123419_18544872.jpg





# by Logger21 | 2018-03-08 10:04 | マシンカット2018鶴居

丸太搬入

P&B用の丸太が加工場に運ばれてきました。
長さ12M以上、重さは太いもので約1tあります。
e0123419_22450246.jpg
まずは敷きならべて、丸太の素性を見て、
使用する場所を決めていきます。







# by Logger21 | 2018-03-02 17:04 | ポスト&ビーム2018厚別

内装仕上 階段

階段が設置されました。
フィンランドの階段はいつ見てもほれぼれします。
e0123419_09563152.jpg
マシンカットログハウスなので、
仕上材は全て「木」です。

ログ壁はそのまま仕上げになり、
間仕切り壁や天井、床などはすべて無垢の板貼りです。

一般住宅なら、大工はボードを貼って終わり、なのですが、
ログハウスの大工は仕上材が「木」なので最後まで工事に携わります。
もちろん「木」を綺麗に仕上げる技量を備えていなければなりません。
e0123419_09564020.jpg
材料としての「木」に大工の手が入ることで、
温かみやぬくもりが生まれるのだと思っています。




# by Logger21 | 2018-03-01 01:41 | マシンカット2018鶴居